MBR|セミナー,水処理,課題,日東電工,東レ,東洋紡,セミナー,市場,事例,技術動向,造水コスト,ro膜,水処理,膜,浸透膜,膜モジュール

 
メガセミナー・サービス 技術・研究・設計・開発・メンテナンス・企画・調査等の担当者|市場動向・技術動向とビジネスチャンス
HOME よくある質問 受付ダイヤル:06-6363-3359
 
環境・新エネルギー セミナー環境新エネルギーセミナー2010年3月 (UF,MF,RO)を利用した浄水処理・排水再利用システムの設計・稼働事例とビジネスチャンス


講演会の資料提供について

 セミナー開催後の資料情報 等をご希望の方は、こちらからお取り寄せ頂けます→ 

※新規参入における企画・事業計画を担当されている方向けの情報を提供しております。実際に、新しい技術分野に参入する場合、市場動向や市場規模の数値データ、或いは、先行する企業の事例や課題(=技術の壁)、海外の成功例、失敗例があれば対応策を発見しやすくなります。事前に全体像を把握し、どこに課題があるのか推察できたなら、その部分にリソースを集中する事ができます。しかし現実には、実証実験を通した使える詳細なデータや図表などは、新しい技術分野ゆえに、見当たらないのが現実です。
そこで東京メガセミナー事務局では、新規参入に必要な情報として大型講演会を開催、技術課題を可能な限り網羅し、副資料(図表/データ/具体的な事例)の提供を開始致しました。海外進出をご担当のマーケティング担当者、海外コンサルティングファームでご活躍の方から、研究所・研究機関の技術者・研究者の方まで、高い評価を頂いております。講演会参加をご検討中の方、或いは海外にて出席できない方、資料不足でお悩みの方はぜひ、こちらから詳細資料(無料)をお申し込みください。

 
  V.膜(UF、MF、RO)を利用した浄水処理・排水再利用システムの
  設計・稼働事例とビジネスチャンス
2010年3月19日(金)
東京・御茶ノ水・総評会館・402号室
1.を利用した飲料水・用水 製造システムの計画設計
9:30-11:00
 を利用した飲料水・用水製造システムの計画・設計法 【導入・計画】
2.を利用した浄水処理の実際
11:00-12:15
 UF膜による浄水処理事例
   〜 海外 UF膜 浄水処理プラントの設計・稼働 事例
  
13:15-14:30
 セラミックス膜による浄水処理事例  
3.MBR-ROシステムによる排水からの用水・飲料水製造の実際
14:30-15:45
 浸漬型平膜によるMBRMBR-ROシステムの開発と用水・飲料水製造 事例 
  【浸漬型平膜】 【MBR-RO】
15:45-17:00
 中空糸膜によるMBRMBR-ROシステムの開発と用水・飲料水製造 事例 
  【中空糸膜】 【MBR-RO】
C:コーディネータ S:スピーカ (敬称略)
 
 膜(UF、MF、RO)を利用した浄水処理・排水再利用システムの
 設計・稼働事例とビジネスチャンス
昨今、世界的な渇水・水不足・水質の悪化などで安全な飲料水・用水の使用量が大幅増大(2025年に2000年の3割増)すると見込まれ、水問題の解決技術として膜濾過技術が脚光を浴びている!!
水道用原水(河川水、地下水)、排水から、いかに目的に合った飲料水・用水を製造すればよいのか?
日本ノリットからはドイツ TWARoetgen浄水場の稼動事例を、メタウォーターからは官民共同事業の稼動事例から運用の要諦
を詳説頂きます。
本セミナーでは・・・
膜(UFMFRO)を利用した飲料水・用水製造システムの計画・設計法を始め、浄水処理プラントの実際例、又、注目されるMBR(膜分離活性汚泥法)による排水からの用水・飲料水製造技術を日立プラントテクノロジーからは中東における水マーケットと水問題(ドバイのMBRシステム稼動事例)、三菱レイヨンからはシンガポール他、実施例 及び 検討例について、斯界の第一線でご活躍中の講師陣に詳しく解説頂きます。
1.膜を利用した飲料水・用水製造システムの計画・設計法
1.膜を利用した飲料水・用水製造システムの計画・設計法
9:30-11:00
(1)を利用した飲料水・用水製造システムの導入計画について
1)飲料水、用水製造における“ 膜利用 ”の利点とは
2)導入計画を考える時の留意点
(2)を利用した飲料水・ 用水製造システム設計のポイント
    〜 水道水用原水、雨水地下水排水
1)膜モジュールの構成とその特徴
   〜 平膜スパイラル中空糸
2)膜利用型 浄水処理装置の設計法
   〜 設計 条件、設計 計算のポイントとその留意点〜
処理フロー
前処理装置 設置のポイント
・対象となる水の質と量に応じた膜
膜モジュールの選び方
・膜単独処理 プロセス設計
ハイブリッド 処理プロセスの設計法
   〜生物/膜処理凝集/膜処理活性炭/膜処理オゾン/膜処理
    オゾン/活性炭/膜処理
3)を利用した回収再利用型 用水処理 装置設計
   〜 設計 条件、設計 計算のポイントとその留意点〜
処理フロー
前処理装置 設置のポイント
・目的・状況に応じた膜モジュールの選び方
水回収率と濃縮倍率の関係
・水回収・再利用 設備の設計
4)膜分離活性汚泥 処理装置(MBRMBR-RO
   〜 設計 条件、設計 計算のポイントと留意点〜
処理フロー
前処理装置 設置のポイント
・目的・状況に応じた膜モジュールの選び方
・操作圧力、クロスフロー流速の求め方
MLSS、溶存有機物の影響について
・水の回収・再利用(飲料水、用水
5)膜ファウリングを抑止する設計のポイント
(3)質疑応答
澤田 繁樹氏   (株)ウェルシィ中央研究所副所長 工学博士 技術士(水道部門) 
 
2.膜を利用した浄水処理の実際
2-1.UF膜による浄水処理の事例
    〜海外UF膜浄水処理プラントの設計・稼働事例〜
11:00-12:15
(1)大型 UF膜 浄水処理プラントの特徴
    〜 横型 全量濾過膜システム〜
水処理においてUF膜プラントの大型化について
UF膜および中糸膜モジュールの特徴と構造
・大型ユニットの設計
浄水処理プロセスの特徴
処理能力
メンテナンス
(2)実際例
    〜ドイツ TWARoetgen浄水場、他〜
(3)質疑応答
糸川 博然氏  日本ノリット(株)膜事業部北東アジアパシフィックマネージャー 工学博士
 
2-2.セラミックス膜による浄水処理の事例
13:15-14:30
(1)セラミック膜 浄水システムの概要
及び 膜モジュール構造、その進展
・標準フローとろ過逆洗排水処理
・モノリス型 セラミック膜 ろ過の特徴
・対象 原水水質凝集処理
・その他の前後処理
メンテナンス(薬品洗浄の健全性)
(2)日本国内の導入状況
・導入経過の概要(施設 内容、稼働状況)
事例 紹介(長期稼動施設、最新稼動施設)
(3)今後の適用例
大規模浄水場海外での適用例
(4)質疑応答
米川 均氏   メタウォーター(株)事業開発本部膜技術部担当部長 工学博士
 
3.MBR-ROシステムによる排水からの用水・飲料水製造の実際
3-1.浸漬型平膜によるMBR、MBR-ROシステムの開発と
    用水・飲料水製造事例
14:30-15:45
(1)浸漬型平膜によるMBRMBR-ROシステムの開発と特徴
浸漬型平膜 及び 膜モジュールの特徴
・システム構成とその特徴
処理能力と水回収・再利用のポイント 
   〜用水(緑化用水、機械冷却水、他)、飲料水〜
メンテナンス(膜洗浄のポイント)
(2)浸漬型平膜MBRMBR-ROシステムによる用水・飲料水製造の実際
中東における水マーケットと水問題
ドバイ水環境
事例 紹介
   〜ドバイMBRシステム、MBR−ROによる再生利用システム、水再生事業展開〜
(3)質疑応答
大熊 那夫紀氏   (株)日立プラントテクノロジー 環境システム事業本部
          環境エンジニアリング事業部副事業部長 (兼) 同事業部中東室部長
          博士(工学)


▼講師が変更になりました。

能登 一彦氏    (株)日立プラントテクノロジー 環境システム事業本部
          技術開発部 主任技師
 
3-2.中空糸膜によるMBR、MBR-ROシステムの開発と
    用水・飲料水製造事例
15:45-17:00
(1)中空糸膜によるMBRMBR-ROシステムの開発と特徴
中空糸膜 及び 膜モジュールの特徴 
・システム構成とその特徴
処理能力水回収再利用のポイント
   〜用水、飲料水〜 
メンテナンス(膜洗浄のポイント)
(3)中空糸膜MBRMBR-ROシステムによる再利用 実施例 及び 検討例
    〜国内、海外(シンガポール、他)〜
(3)質疑応答
小林 真澄氏   三菱レイヨン ・エンジニアリング(株)技術企画部
         アクア技術グループグループリーダー
 
 
 
 
“水処理技術者”声の報告会
世界人口爆発による食糧増産、或いは途上国の急速な都市化により、水資源が不足、世界の水ビジネス市場が急拡大している!!
私たちの報告会では、欧州水メジャーの動向をはじめ、淡水化技術、排水の再利用技術から市場参入に繋がるビジネスチャンスをテーマに、第一線でご活躍の講師陣や先端技術者の意見、アンケートを通して、セミナーでも聞けなかった生の声情報を期間限定にてお届けします。
ご案内の請求・停止
ご案内の請求
送付停止
送付先所在地変更
ご案内の請求
送信停止
送信先アドレス変更
個人情報保護方針について お問い合わせ メガセミナー社について