植物工場|セミナー,HEFL照明,課題,高機能野菜,農林水産省,経済産業省,市場動向,日本,韓国,企業,中東,NORIT,巴工業,IBM,丸紅,政策動向

メガセミナー・サービス 技術・研究・設計・開発・メンテナンス・企画・調査等の担当者|市場動向・技術動向とビジネスチャンス
HOME よくある質問 受付ダイヤル:06-6363-3359
 
環境・新エネルギー セミナー環境新エネルギーセミナー2010年9月 海外における“植物工場システム”の最新動向とビジネスチャンス
画像_郵送パンフレットを補足するセミナー情報
 


受講をご検討中の方へ

 セミナー内容の詳細資料【無料】をご希望の方は、こちらからお取り寄せ頂けます→ 

※新規参入における企画・事業計画を担当されている方向けの情報を提供しております。実際に、新しい技術分野に参入する場合、市場動向や市場規模の数値データ、或いは、先行する企業の事例や課題(=技術の壁)、海外の成功例、失敗例があれば対応策を発見しやすくなります。事前に全体像を把握し、どこに課題があるのか推察できたなら、その部分にリソースを集中する事ができます。しかし現実には、実証実験を通した使える詳細なデータや図表などは、新しい技術分野ゆえに、見当たらないのが現実です。
そこで東京メガセミナー事務局では、新規参入に必要な情報として大型講演会を開催、技術課題を可能な限り網羅し、副資料(図表/データ/具体的な事例)の提供を開始致しました。海外進出をご担当のマーケティング担当者、海外コンサルティングファームでご活躍の方から、研究所・研究機関の技術者・研究者の方まで、高い評価を頂いております。講演会参加をご検討中の方、或いは海外にて出席できない方、資料不足でお悩みの方はぜひ、こちらから詳細資料(無料)をお申し込みください。

 
  A.海外における“植物工場システム”の最新動向とビジネスチャンス
   A-T.海外における“植物工場システム”の
                 最新動向とビジネスチャンス
〜中東、中国、ロシア、アジア他、オーストラリア、アフリカ、他〜
 
 
2010年9月27日(月)
東京・芝公園・機械振興会館 会議室 B3 研修−2室
1.海外農業事情と展望
    〜海外展開を進める前に押さえておきたいグローバルな農業ビジネスの実情について〜
13:15-14:15
 海外農業事情と展望
   〜海外展開を進める前に押さえておきたい
    グローバルな農業ビジネス実情について〜
2.植物工場の現状と海外への展開  
    〜プラントとしての海外輸出について〜
14:15-15:15
 植物工場の現状と海外への展開
   〜プラントとしての海外輸出について〜
 【経済産業省】
3.海外における“ 植物工場システム”の市場動向とビジネスチャンス
    〜現地 情報収集現地 提携先 調査提案のポイント〜
15:15-16:45
 海外における“植物工場システム”の市場動向とビジネスチャンス
   〜現地情報 収集現地 提携先 調査、提案のポイント〜
 【市場動向】
C:コーディネータ S:スピーカ (敬称略)
 
海外における“植物工場システム”の最新動向とビジネスチャンス
“植物工場”を輸出産業として、育てていこうという動きが出てきた!! 農適地に乏しい地域(砂漠等乾燥地、寒冷地、水質汚染・水不足地域、離島、物流コストが大きい地域等)に強い需要があり、日本の栽培技術はもとより、製造業が培ってきた光源、空調、計測・制御、断熱、情報等に関する技術が活かされ、ビジネスチャンスが到来しつつあります。
どの国・地域で、どんな機器・設備・施設が求められているのか?また、どうやって売り込んでいけばよいのか?(どこに働きかけ、どんな提案をすればよいのか?)
本セミナーでは・・・
海外の農業事情及び農業ビジネスの実情を始め、植物工場を輸出産業として捉えた経済産業省の取り組みと、中東・中国・ロシア・オーストラリア等における植物工場のニーズ、また、海外においての植物工場における機器・設備・施設等の市場動向、具体的な事業戦略に至るまで、斯界の第一線でご活躍中の講師陣に詳しく解説頂きます。
1.海外の農業事情と展望
   〜海外展開を進める前に押さえておきたい
            グローバルな農業ビジネスの実情について〜 
1.海外の農業事情と展望
13:15-14:15
(1)市場規模成長性
   1)世界農産物 市場規模と成長性
   2)世界施設園芸 市場(植物工場 含む)規模と成長性  
     ・施設園芸 面積と農場数  
     ・施設園芸 資機材の市場  
     ・関連市場:農業機械肥料農薬種苗
(2)海外農業への視点
   1)日本海外農業事情の違い  
      〜農業GDP比較/農家 所得比較流通比較単価比較
   2)どんな農産物が求められているか  
      〜食糧作物→施設園芸作物へのシフト・シミュレーション〜
(3)世界地域別市場とその特徴
    〜カテゴリー別 市場規模(生産量・生産額)/農場数生産性〜 を指標に 
   1)アジア 
   2)中東 
   3)アフリカ 
   4)EU東欧 
   5)北米南米 
   6)その他
(4)海外農業施設園芸ビジネス(植物工場 含む)の展望(ビジネス参入のポイント)
    〜3つのポイント:農業投資の基本/リスク分析収益性分析
浅川 芳裕氏   農業ビジネス誌『農業経営者』副編集長 (株)農業技術通信社専務取締役
 
2.植物工場の現状と海外への展開  
   〜プラントとしての海外輸出について〜
2.植物工場の現状と海外への展開  
    〜プラントとしての海外輸出について〜
14:15-15:15
(1)経済産業省における「植物工場」の考え方
    〜農商工連携としての植物工場
   1)なぜ、今、植物工場なのか?
   2)植物工場の現況
   3)植物工場普及により期待される効果
      〜3年で3倍増、3割のコスト削減〜
   4)植物工場 関連 支援施策のポイント
(2)植物工場海外展開のポイント
   1)海外展開の可能性
   2)プラントとしての海外輸出について
杉本 敬次氏   経済産業省地域経済産業グループ地域経済産業政策課課長補佐
 
3.海外における“植物工場システム”の市場動向とビジネスチャンス  
   〜現地情報収集、現地提携先調査、提案のポイント〜
3.海外における“植物工場システム”の市場動向とビジネスチャンス
    〜現地情報収集、現地提携先調査、提案のポイント〜
15:15-16:45
(1)海外における“ 植物工場システム”のニーズについて 
    〜中東、中国、韓国、アジア他、ロシア、オーストラリア、アフリカ、他〜
(2)海外における“ 植物工場システム”の市場動向とビジネスチャンス 
    〜どの国・地域で、どんな“ 植物工場システム”が求められているのか〜 
   1)施設・システム   
      〜乾燥地域型、寒冷地域型、水不足・水汚染地域型、亜熱帯地域型〜  
   2)設備・機器   
      〜照明設備(LED,蛍光灯、他)、空調設備環境制御システム、センサー類、
       水循環システム省力機械ロボット、省エネルギー(ヒートポンプ
       太陽電池)、他〜
(3)海外における“ 植物工場システム”の事業戦略  
    〜植物工場ビジネスの参入のポイント〜  
   1)現地情報 収集のポイント   
      〜どんな情報が必要なのか? どう収集すればよいのか?〜  
   2)現地提携先 調査のポイント   
      〜現地企業、日本企業(商社、他)、政府地方自治体大学研究機関〜  
   3)提案のポイント   
      〜機器・システムのパッケージ〜
三輪 泰史氏   (株)日本総合研究所創発戦略センター農業クラスターマネージャー
          主任研究員
 
 
 
 
“水処理技術者”声の報告会
世界人口爆発による食糧増産、或いは途上国の急速な都市化により、水資源が不足、世界の水ビジネス市場が急拡大している!!
私たちの報告会では、欧州水メジャーの動向をはじめ、淡水化技術、排水の再利用技術から市場参入に繋がるビジネスチャンスをテーマに、第一線でご活躍の講師陣や先端技術者の意見、アンケートを通して、セミナーでも聞けなかった生の声情報を期間限定にてお届けします。
ご案内の請求・停止
ご案内の請求
送付停止
送付先所在地変更
ご案内の請求
送信停止
送信先アドレス変更
個人情報保護方針について お問い合わせ メガセミナー社について