直流給電|技術セミナー ,直流化,直流利用,パワーエレクトロニクス,風力発電,太陽電池,燃料電池,蓄電技術,リチウムイオン電池,Eレール

 
メガセミナー・サービス 技術・研究・設計・開発・メンテナンス・企画・調査等の担当者|市場動向・技術動向とビジネスチャンス
HOME よくある質問 受付ダイヤル:06-6363-3359
 
環境・新エネルギー セミナー直流給電システム セミナー2010年2月 > 直流給電 システムの実用化への技術動向・課題と応用展開
東京メガセミナー・資料・テキスト請求のお問い合わせ 東京メガセミナー・資料・テキスト請求のお問い合わせ
東京メガセミナー・過去セミナーの資料、テキストをお探しの方へ
関連セミナーにおける
市場・技術の詳細資料、他
東京メガセミナー・資料・テキスト請求のお問い合わせ
 
直流給電システムの実用化への技術動向・課題と応用展開
 
直流給電システムの実用化への技術動向・課題と応用展開
省エネルギー施策にとって重要な技術となる直流給電。普及のための技術課題、要素技術はどこにあるのか?!
家電製品や電車・自動車・データセンターなど様々な市場が期待されるビジネスチャンス
■講演会の概要
日時: 2010年2月25日(木) 10:30〜16:30
会場: 東京・江東区亀戸 商工情報センター(カメリアプラザ) 9F 第2研修室
≪会場地図はこちら≫
※急ぎのご連絡は(株)メガセミナー・サービス(TEL06-6363-3372)まで!!
受講料:
(税込)
(税込) 47,250円
 ⇒E-mail案内登録会員 44,800円(ネットからお申し込みの方、全員)
  
※資料・昼食付
上記価格より:
<2名で参加の場合1名につき7,350円割引
<3名で参加の場合1名につき10,500円割引>(同一法人に限ります)
講師: 第1部 直流給電システムの実用化における技術動向と課題
≪10:30〜12:30>>

大阪工業大学 電気電子システム工学科 教授 木村 紀之 氏

第2部 家庭用直流給電システムの開発動向
〜太陽電池からの直流給電と蓄電技術、エコハウス実現に向けて〜
≪13:15〜14:45>>

東北大学 大学院 環境科学研究科 教授 田路 和幸 氏
【講師紹介】
・太陽光と光触媒を利用した水素製造に関する研究
・高結晶性単層カーボンナノチューブの合成と応用に関する研究
・リチウムイオン2次電池負極材料の開発
・省および創エネルギー型エコハウスの開発に関する研究

第3部 直流給電システムの店舗・オフィスへの導入事例と今後の展開
≪15:00〜16:30>>

コクヨストアクリエーション(株) 開発部 西日本開発グループ 渡邉 聡 氏

主催: サイエンス&テクノロジー株式会社
■講演会のプログラム内容
第1部 直流給電システムの実用化における技術動向と課題

1.直流送電の歴史と利点・欠点
 1.1 直流送電の歴史:エジソンの送電システムからHVDC-Lightまで
 1.2 直流化の利点・欠点:交流との比較を中心として

2.パワーエレクトロニクス技術の発展と直流送配電
 2.1 スイッチングデバイスの発展:サイリスタ・GTO・IGBT・MOSFET
 2.2 直流電圧の変圧技術:チョッパ回路
 2.3 インバータ駆動モータの実用化(直流経由技術):エアコン・電車・自動車への応用

3.直流送配電の今後の展開
 3.1 新エネルギー(風力発電,太陽電池,燃料電池,など)を“直流”接続するメリット
 3.2 直流による屋内配電(家庭・オフィス・データセンターなど)の可能性

4.直流給電システムの安全性
 4.1 短絡事故への対策
 4.2 感電事故への対策
 4.3 電食とその対策

  □質疑応答・名刺交換□


第2部 家庭用直流給電システムの開発動向
〜太陽電池からの直流給電と蓄電技術、エコハウス実現に向けて〜
<趣旨>
 地球温暖化問題への対応が喫緊の課題となっている今、これからのエネルギー機器に求められるものは、“環境性”と“快適性”、“経済性”をバランスよく並立させていくことであり、そのためには、住宅と自然エネルギー、化石エネルギーをトータルで考えたエネルギーシステムが必要です。この必要性を変えるのが、大容量リチウムイオン2次電池です。この蓄電池は、電気は貯められないという一般常識を覆しました。
 本セミナーでは、この数10kWの蓄電池を中心として太陽電池からの電力の直流給電と直流利用、家庭内の未利用エネルギーの獲得とその利用技術について紹介し、経済性を有するエネルギーシステムを紹介します。そして、東北大学が建設を進めているエコハウスについても紹介します。


1.住宅向け直流給電システムの動向
 1.1 直流利用と省エネルギー
 1.2 直流給電実用化における課題

2.太陽光発電直流給電システムとリチウムイオン二次電池を用いた蓄電
 2.1 システム概要
 2.2 リチウムイオン蓄電池とその特性
 2.3 太陽光発電を直流化するメリット
 2.4 電圧変換技術
  2.4.1 太陽電池→リチウムイオン電池
  2.4.2 リチウムイオン電池→家電

3.東北大学エコハウスプロジェクト
 3.1 実証実験スキーム
 3.2 直流給電によるエネルギー効率評価
 3.3 CO2削減効果
 3.4 今後の展望

4.住宅向け直流給電とスマートグリッドに向けた取り組み

  □質疑応答・名刺交換□


第3部 直流給電システムの店舗・オフィスへの導入事例と今後の展開
<趣旨>
 低電圧域での直流給電システムの導入は難しいものではなく、実際に店舗やオフィス空間で稼動している例を分かりやすく紹介。現場が求めるアプリケーションを提供する際、欠かせないインフラ(オペレーティングシステム)としての直流給電について具体的なシステム構成と今後の拡張性及び解決すべき点等を導入事例を交えて解説する。


1.直流給電システム(Eレール)開発の背景

2.システム構成

3.電圧値

4.Eレール構造

5.専用プラグ構造

6.アプリケーション

 6.1 LED照明
 6.2 電子棚札
 6.3 ノートPC
 6.4 RFID  

7.ソーラー発電システムとのマッチング
 7.1 小規模スマートグリッドの構築
 7.2 データ重畳

8.実施例
 8.1 商業施設での実施例
 8.2 オフィスでの実施例

9.Eレールシステムの応用可能性
 9.1 住宅への導入
 9.2 物流システムへの応用

10.現状の課題と普及へのロードマップ

11.今後の展開


  □質疑応答・名刺交換□

 
 
 
“水処理技術者”声の報告会
世界人口爆発による食糧増産、或いは途上国の急速な都市化により、水資源が不足、世界の水ビジネス市場が急拡大している!!
私たちの報告会では、欧州水メジャーの動向をはじめ、淡水化技術、排水の再利用技術から市場参入に繋がるビジネスチャンスをテーマに、第一線でご活躍の講師陣や先端技術者の意見、アンケートを通して、セミナーでも聞けなかった生の声情報を期間限定にてお届けします。
ご案内の請求・停止
ご案内の請求
送付停止
送付先所在地変更
ご案内の請求
送信停止
送信先アドレス変更
個人情報保護方針について お問い合わせ メガセミナー社について