LED照明|技術セミナー ,熱電変換,熱電発電モジュール,研究,評価,市場動向,ゼーベック係数,熱電特性,高性能化,高効率化

メガセミナー・サービス 技術・研究・設計・開発・メンテナンス・企画・調査等の担当者|市場動向・技術動向とビジネスチャンス
HOME よくある質問 受付ダイヤル:06-6363-3359
 
環境・新エネルギー セミナーネオジム磁石 セミナー2010年3月 > ネオジム磁石の調達、製造技術とビジネス戦略
東京メガセミナー・資料・テキスト請求のお問い合わせ 東京メガセミナー・資料・テキスト請求のお問い合わせ
東京メガセミナー・過去セミナーの資料、テキストをお探しの方へ
関連セミナーにおける
市場・技術の詳細資料、他
東京メガセミナー・資料・テキスト請求のお問い合わせ
 
  〜来るべき供給パニックへの対応、基本特許切れ後の今を逃さない〜
ネオジム磁石の調達、製造技術とビジネス戦略
 
ネオジム磁石の調達、製造技術とビジネス戦略
ハイブリッド・電気自動車、パソコン、携帯機器、家電、モータ、MRI等需要の急増が確実
Nd磁石ビジネスへの新規参入、ビジネス戦略、購買戦略構築の材料に!!
■講演会の概要
日時: 2010年3月30日(火) 10:30〜16:30 【懇親会(自由参加)時間を含みます】
会場: 東京・江東区亀戸 商工情報センター(カメリアプラザ) 9F 第2研修室
≪会場地図はこちら≫
※急ぎのご連絡は(株)メガセミナー・サービス(TEL06-6363-3372)まで!!
受講料:
(税込)
(税込) 47,250円
 ⇒E-mail案内登録会員 44,800円(ネットからお申し込みの方、全員)
  
※資料・昼食付
上記価格より:
<2名で参加の場合1名につき7,350円割引
<3名で参加の場合1名につき10,500円割引>(同一法人に限ります)
講師: コーディネータ、座長:Nd Magnet Consulting(元日立金属)山本 日登志 氏

 希土類資源大国の中国は希土類資源について輸出増値税やE/L(輸出枠)規制強化等の動きを加速している。一方ではNd(ネオジム)磁石の市場は従来のパソコン、携帯機器、家電、FAモータ、MRI等に加え、ハイブリッド自動車や電気自動車の新たな需要の急増が確実視されている。またNd特許は2009年既に日本、欧州で基本特許が切れ、ビジネス環境の急激な変化が起こりつつある。
 以上の背景の下でNd磁石の現状ユーザは新たなビジネス戦略、購買戦略を考える時期と言える。希土類資源、リサイクルを含むNd磁石ビジネスへの新規参入を検討している方々にも有益な最新情報を提供したい。
 セミナー後に歓談の時間も設定しましたので交流にご活用下さい。


第1部 世界の希土類鉱床の採掘と供給展望の現状
≪10:30〜11:30>>

(独)産業技術総合研究所 主任研究員 渡辺 寧 氏

第2部 中国の希土類政策事情と原料調達およびリサイクルビジネスの現状(仮)
≪11:40〜12:40>>

(株)三徳 資材部長 園田 千稔 氏

第3部 中国希土類磁石メーカの最新事情
≪13:20〜14:20>>

Nd Magnet Consulting 工学博士 山本 日登志 氏

【ホームページ】
 http://neomagconsul.yokochou.com/

【略歴】1979年住友特殊金属株式会社 入社
    1993年SSMA出向(Transfer) Sumitomo Special Metals America, INC.
    2003年SSMA(シカゴ)取締役 技術部長
    2006年市場開発部 専門部長
    2007年日立金属株式会社に吸収合併 市場開発室長
    2008年日立金属 NEOMAXカンパニー 主管技師
【活動】日本電子材料工業会
    マグネット技術委員会委員(1998-2003)
    日本ボンド磁石工業会 技術委員(2001-2003)
    電子情報技術産業協会(JEITA)電子部会 マグネット技術G技術委員副主査
    (2008−2010)
    電気学会/TC68委員会 委員(1996-2003、2006-2009)
    IEC/TC68(国際電気標準会議/68技術委員会) Member;(1997-2002、
    2006-2009)
    WG5 Convenor(永久磁石国際規格主査);(1998-2002、2006-2009)
    電気学会
    「バルク高温超電導応用動向調査専門委員会」委員 2000-2003
    「高温超電導バルク材の応用基礎特性調査専門委員会」委員 2003-2006
    「超電導磁気軸受フライホイールエネルギー貯蔵システム調査専門委員会」
     委員 2007-2008
    「磁気支持応用機器におけるダイナミックス調査専門委員会」委員
     2002-2004
    テクノフロンティア/磁気応用シンポジウム 企画委員;1999-2003

第4部 NDKおよび上海瑞穂磁気における磁石ビジネスのご紹介
≪14:30〜15:30>>

日本電磁測器(株) 技術開発部 堀 充孝 氏

主催: サイエンス&テクノロジー株式会社
■講演会のプログラム内容
第1部  世界の希土類鉱床の採掘と供給展望の現状
<趣旨>
 これまで中国が独占的に希土類資源開発を行ってきたが、現在世界では希土類資源開発を目指した数多くのプロジェクトが進められており、数年以内に希土類の供給体制が大きく変わることが予想される。現在進行中のプロジェクトをどのように評価するのか、プロジェクトの問題点と今後の展望について述べる。


1.希土類の供給の現状
 1.1 中国の供給の現状
 1.2 中国外の供給の現状

2.世界の希土類資源開発プロジェクト
 2.1 カーボナタイト
 2.2 漂砂モナザイト
 2.3 アルカリ岩
 2.4 アパタイト・モナザイト脈
 2.5 鉱山残渣ほか

3.資源開発プロジェクトの課題と進行状況
 3.1 マウンテンパス
 3.2 マウントウェルド
 3.3 その他

4.希土類資源供給の将来予測
 4.1 ネオジム
 4.2 ジスプロシウム

  □質疑応答□


第2部 中国の希土類政策事情と原料調達および
           リサイクルビジネスの現状(仮)

※後日掲載します。


第3部 中国希土類磁石メーカの最新事情
<趣旨>
 中国は希土類資源の輸出増値税やE/L(輸出枠)規制強化等の動きを加速。一方ではNd(ネオジム)磁石の市場は従来市場に加えHV,EVの新たな需要が急増。またNd特許は2009年既に日本、欧州で基本特許が切れ、新たなビジネス環境。以上の背景でNd磁石の現状ユーザは新たなビジネス戦略、具体的には中国Nd磁石購買戦略を考える時期。中国希土類磁石メーカの最新状況を紹介する。


1.Nd磁石の市場動向

2.EV,HV用途の拡大

3.希土類資源事情

4.焼結Nd磁石特許の現状

5.中国焼結Nd磁石の市場

6.中国焼結Nd磁石の製造の特徴

7.中国焼結Nd磁石の性能と技術力

8.中国Nd磁石の特異な販売ビジネス

9.Nd磁石の関税とその対策


  □質疑応答□


第4部 NDKおよび上海瑞穂磁気における磁石ビジネスのご紹介

1.NDKの紹介

2.上海瑞穂磁気の紹介

3.着磁装置 

4.磁気測定装置

5.磁場プレス装置

6.今後の展開

  □質疑応答□

懇親会 自由参加

 講演者と参加者によるご歓談、名刺交換等(軽食と飲み物を用意します)。
 情報交換、個別相談等の場としてご利用ください。

 
 
 
“水処理技術者”声の報告会
世界人口爆発による食糧増産、或いは途上国の急速な都市化により、水資源が不足、世界の水ビジネス市場が急拡大している!!
私たちの報告会では、欧州水メジャーの動向をはじめ、淡水化技術、排水の再利用技術から市場参入に繋がるビジネスチャンスをテーマに、第一線でご活躍の講師陣や先端技術者の意見、アンケートを通して、セミナーでも聞けなかった生の声情報を期間限定にてお届けします。
ご案内の請求・停止
ご案内の請求
送付停止
送付先所在地変更
ご案内の請求
送信停止
送信先アドレス変更
個人情報保護方針について お問い合わせ メガセミナー社について