LED照明|技術セミナー ,熱電変換,熱電発電モジュール,研究,評価,市場動向,ゼーベック係数,熱電特性,高性能化,高効率化

メガセミナー・サービス 技術・研究・設計・開発・メンテナンス・企画・調査等の担当者|市場動向・技術動向とビジネスチャンス
HOME よくある質問 受付ダイヤル:06-6363-3359
 
環境・新エネルギー セミナーガスバリア性材料 セミナー2010年7月 > 【Cコース】ガスバリア性材料の応用・評価技術とトレンド
東京メガセミナー・資料・テキスト請求のお問い合わせ 東京メガセミナー・資料・テキスト請求のお問い合わせ
東京メガセミナー・過去セミナーの資料、テキストをお探しの方へ
関連セミナーにおける
市場・技術の詳細資料、他
東京メガセミナー・資料・テキスト請求のお問い合わせ
 
  ガスバリア性材料の基礎、現状、課題 完全網羅セミナー
【Cコース】ガスバリア性材料の応用・評価技術とトレンド
 
【Cコース】ガスバリア性材料の応用・評価技術とトレンド
ますまる高まる要求特性に応えるには?
さらなるバリア性の改善のための測定、評価方法
■講演会の概要
日時: 2010年7月29日(木) 12:30〜17:00
会場: 東京・品川区大井町 きゅりあん 5F 第2講習室
≪会場地図はこちら≫
※急ぎのご連絡は(株)メガセミナー・サービス(TEL06-6363-3372)まで!!
受講料:
(税込)
(税込) 47,250円
 ⇒E-mail案内登録会員 44,800円(ネットからお申し込みの方、全員)
  
※資料・昼食付
▼ガスバリア性材料の基礎、現状、課題 完全網羅セミナー(3コース)
【Aコース】バリア性の発現、透過・遮断のメカズムの基礎
【Bコース】ガスバリア性材料の開発・技術動向
【Cコース】ガスバリア性材料の応用・評価技術とトレンド

【※各コースで別の方のご出席が可能です(同一法人内のみ、部署不問)】
【※1コースのみ、または2コースの限定参加が可能です】
 ■3コース全て参加受講料(税込み)84,000円  ⇒E-mail案内登録会員80,000円
 ■2コース限定参加受講料(税込み)63,000円  ⇒E-mail案内登録会員59,800円
 ■1コース限定参加受講料(税込み)47,250円  ⇒E-mail案内登録会員44,800円
 ※Aコースのみの場合(税込み)42,000円 ⇒E-mail案内登録会員39,900円
  
他のコースも申し込む際は通信欄に
『B(またはC)コースも参加』 『B・Cコースも参加』等とご記入下さい


==

同じ受講パターンの場合に限り上記価格より:
<2名で参加の場合1名につき7,350円割引
<3名で参加の場合1名につき10,500円割引>(同一法人に限ります)
講師: 第1部 ガスバリア材料技術と成膜、超ガスバリア膜開発の問題点(仮)
≪12:30〜13:30>>

(株)マテリアルデザインファクトリー 代表取締役 大阪市立大学工学研究科 
教授 工学博士 中山 弘 氏

第2部 等圧法におけるハイバリアフイルムの評価試験と測定事例
〜モコン法を中心にして〜
≪13:40〜14:40>>

(有)ホーセンテクノ 取締役 / (株)日立ハイテクノロジーズ 大谷 新太郎 氏
【活動】米国モコン社ガスバリア試験装置のテクニカルコンサルタント

第3部 カルシウム腐食法を用いたバリア評価技術
≪14:50〜15:50>>

住友ベークライト(株) 神戸基礎研究所 研究部 主席研究員 博士(工学) 
楳田 英雄 氏
【専門】高分子物理

第4部 API−MSを用いたバリアフィルム評価技術(仮)
≪16:00〜17:00>>

(株)日本エイピーアイ 代表取締役社長 溝上 員章 氏

主催: サイエンス&テクノロジー株式会社
■講演会のプログラム内容

第1部 ガスバリア材料技術と成膜、超ガスバリア膜開発の問題点(仮)

※只今、作成中です


第2部 等圧法におけるハイバリアフイルムの評価試験と測定事例
    〜モコン法を中心にして〜
<趣旨>
 ここ2、3年のバリア材や包装技術の開発には目覚ましいものがある。例えば水蒸気バリアについては装置の測定下限値を超えたウルトラハイバリアフイルムが散見されるようになってきている。高分子材料だけでは0.1g/m2・day近辺がバリア材としての限界であり、無機物を塗布したり、無機物をブレンドあるいは無機物を貼り合わせて、ガスバリア性改善に向け研究開発されている。このようなハイバリアフイルム・膜に対して、従来試験方法では測定感度や測定スピードが対応できないので、ガスバリア性評価が非常に難しくなっている。
 本セミナーではガスバリア性評価技術の最新動向と各種評価試験装置の測定原理や各種評価法の長所・弱点および知っておきたい測定ポイントについて述べる。


1.最近のガスバリア性評価依頼の特長と傾向
2.ガスバリア性はどのようにして測定しますか 等圧法を中心にして
 2.1 差圧法と等圧法の測定原理・方法と各々の長所、弱点は
 2.2 知っておきたい測定ポイントー
  試料の取扱、グリース、ガス透過方向、リーク量の補正、装置の設置環境、
  予備状態調節の方法と考え方、測定時間等
3.多層膜の測定方法と留意すべき点、測定結果の取り扱い方―測定事例に基づいて
4.容器形状の測定ポイントといろいろな最終製品形状での測定事例の紹介
5.ウルトラハイバリア測定の世界。---1mg/m2・day付近の現象と考察
6.加速試験85℃ 100%RHの測定方法と考えられるリスクの提案と対策
7.試験装置のキャリブレーションの方法
8.異常現象の原因と対策
9.お客様からのよくある質問
10.ハイバリアフイルムの市場展望
11.モコン社新製品の紹介と使用目的
12.バリアと温度・湿度・試料の変質(劣化)との関係
13.食品の安全と品質管理における日本と世界の規格


  □質疑応答・名刺交換□


第3部 カルシウム腐食法を用いたバリア評価技術
<趣旨>
 有機ELをはじめとする高度なバリア性能が要求されるデバイスへプラスチック基板を適応させる為には、基板の詳細なバリア性評価が必須となる。
 本発表ではカルシウム腐食法と画像解析手法を用いることで、微小水蒸気透過量の測定と局所構造欠陥の評価解析が可能になったので報告を行う。


1.バリア要求特性と評価技術の概要
2.カルシウム腐食法測定について
 2.1 評価セル&評価装置の特徴
 2.2 評価方法の特徴
 2.3 具体的な評価例
3.局所構造欠陥評価について

  □質疑応答・名刺交換□


第4部 API−MSを用いたバリアフィルム評価技術(仮)

※只今、作成中です

 
 
 
“水処理技術者”声の報告会
世界人口爆発による食糧増産、或いは途上国の急速な都市化により、水資源が不足、世界の水ビジネス市場が急拡大している!!
私たちの報告会では、欧州水メジャーの動向をはじめ、淡水化技術、排水の再利用技術から市場参入に繋がるビジネスチャンスをテーマに、第一線でご活躍の講師陣や先端技術者の意見、アンケートを通して、セミナーでも聞けなかった生の声情報を期間限定にてお届けします。
ご案内の請求・停止
ご案内の請求
送付停止
送付先所在地変更
ご案内の請求
送信停止
送信先アドレス変更
個人情報保護方針について お問い合わせ メガセミナー社について