薬用植物|セミナー,植物工場,機能性野菜,漢方薬,生薬,販路開拓,栽培技術,LEDシステム,市場動向

メガセミナー・サービス 技術・研究・設計・開発・メンテナンス・企画・調査等の担当者|市場動向・技術動向とビジネスチャンス
HOME よくある質問 受付ダイヤル:06-6363-3359
 
環境・新エネルギー セミナー>メガトレンドセミナー2011年10月 植物工場システムによる薬用植物の栽培・生産技術ビジネスチャンスセミナー
 

  +画像をクリックすると拡大+

主催: (株)メガセミナー・サービス
共催: (株)エヌ・ティー・エス
(株)サイエンス&テクノロジー
水処理ビジネス、技術セミナー
漢方の需要が世界的に高まる中、最大の採取国である中国の輸出制限等による価格高騰が続いている。そんな中、漢方薬原料である薬用植物の栽培に、高効率で安定生産が可能な”植物工場システム”が脚光を浴びている!!

本セミナーでは、1日目は、薬用植物における最新動向と事業採算計画2日目には、最大課題の薬効成分・機能性物質の増加方法3日目には、LEDと調整技術を約13時間に渡り、植物工場で新規参入する経営者様、事業採算が合うビジネスモデルを検討している担当者様へ、その選定と活用法を詳しく解説致します。※名刺交換も可能。


 ※単独の講座お申込みも受け付けておりますので、ぜひお問い合わせ下さい。
 ※先着順にての締め切りとなりますので、ご予約はお早めにお願い申し上げます。



講義内容に関する疑問、質問等がありましたら、お電話にてご連絡頂きますと、詳細内容の説明を致しますので、どうぞ遠慮なく、お問い合わせ下さい。
直通ダイヤル:06−6363−3359(代表:橋本)

 
プログラムの日程と、特徴について
漢方の需要が世界的に高まる中、最大の採取国である中国の輸出制限等による価格高騰が続いている。そんな中、漢方薬原料である薬用植物の栽培に、高効率で安定生産が可能な”植物工場システム”が脚光を浴びている!!

第一日目、「植物工場システムによる薬用植物の栽培・生産における事業採算性」では、今、市場において、どんな薬用植物が求められているのか?又、いかに植物工場に合った薬用植物を選び、どのように栽培・生産を進めればよいのか?アグリビジネスからみた漢方薬産業の特徴と薬用植物の需給動向を始め、市場における薬用植物のニーズ・価格動向と、又、薬用植物を栽培・生産する植物工場システムの計画・事業採算性・販路の確保に至るまで、斯界の第一線でご活躍中の森田・山本・三輪各講師に詳説頂きます。

第二日目、「植物工場システムによる薬用植物の最新栽培・生産技術」では、植物工場システムで品質が安定した薬用植物を効率的に作るにはどのような条件が必要なのか?又、薬用植物における薬効成分(有効成分)は様々な環境条件下でどのように変化し、どうすれば保持・増加させることができるのか?薬用植物の栽培・生産のポイントと薬効成分の保持・増加方法を始め、費用対効果で考える植物工場システムで栽培可能な薬用植物の選定及び具体的な栽培・生産戦略、又、最新の栽培・生産の実際例に至るまで、斯界の第一線でご活躍中の講師陣に詳しく解説頂きます。

第三日目、「植物工場・LEDシステムによる薬用植物栽培の基礎知識」では、光照射で植物を生長促進させる仕組みとは?又、どんな色(波長)の光をどの程度当てれば、植物体内の体内成分(栄養成分・機能性成分・薬効成分)が増すのか?植物工場・LEDシステムにおける光照射による植物の体内成分(栄養成分・機能性成分・薬効成分)調整技術に焦点を当て、光に対する植物の応答の基礎知識を始め、LEDによる植物からの体内成分(栄養成分・機能性成分・薬効成分)の増加方法、又、薬草、ハーブ、遺伝子組換え植物等を対象とした光調節の実際に至るまで、斯界の第一線でご活躍中の渡邊先生に専門外の方でも理解できるように基本事項からわかりやすく解説頂きます。異業種から参入する場合における実践的な戦略を理解したいと考える方、今後の検討すべき技術課題の抽出を行いたい方には、欠かせない内容として全3日間,約13時間(参加講師12名)に渡り集中講義します。

 
10月:プログラムの開催日程
28
29
30
1
2
3
7
8
9
10
11
12
13
14


T.植物工場システムによる薬用植物の栽培・生産における事業採算性

今、どんな薬用植物が求められているのか?作った薬用植物をどこに売るのか!?〜

10月 4日(火)

1.アグリビジネスの市場動向と薬用植物のビジネスチャンス
    〜漢方薬産業の動向と原料としての薬用植物の需給動向について〜
13:00-14:15
 アグリビジネスの市場動向と薬用植物のビジネスチャンス
   〜漢方薬産業の動向と原料としての薬用植物の需給動向について〜
 【需給動向】
2.生薬の流通の現状と品質評価(いま求められている生薬とは)
    〜薬用植物から生薬への加工を含む〜
14:15-15:30
 生薬の流通の現状と品質評価(いま求められている生薬とは)
   〜薬用植物から生薬への加工を含む〜
【流通経路】【販路開拓】

3.薬用植物を栽培・生産する植物工場システムの計画と事業採算性
    〜事業計画の立て方、事業成立条件からビジネスモデルまで〜

15:30-17:00
 薬用植物を栽培・生産する植物工場システムの計画と事業採算性
   〜事業計画の立て方、事業成立条件からビジネスモデルまで〜
【事業成立条件】【販路開拓】

U.植物工場システムによる薬用植物の最新栽培・生産技術

〜漢方薬用原料として品質確保と安定生産のための環境調節


10月 5日(水)

1.薬用植物の特性と栽培・生産技術
9:30-10:45
 薬用植物の特性と栽培・生産技術
局方への対応】【品質均一】
2.植物における薬効成分及び機能性成分の特性とその増加方法
    〜植物工場で薬用植物栽培するために超えなくてはいけない壁とは?〜
10:45-12:15
 植物における薬効成分及び機能性成分の特性とその増加方法
  〜植物工場で薬用植物栽培するために超えなくてはいけない壁とは?〜
 
【薬効成分増加】【機能性成分増加】
3.植物工場システムによる薬用植物の栽培・生産の実際
13:15-14:45
 費用対効果から考える植物工場システムで栽培可能な
 薬用植物の選定と栽培・生産技術
【甘草】【高麗人参】【黄蓮】
14:45-16:00
 土耕型植物工場システムによる薬用植物の栽培・生産技術
【サフラン】【ゴボウ】【コリアンダー】
16:00-17:00
 植物工場システム(高輝度LEDと亜臨界水抽出法)による
 薬用植物の栽培・生産技術
   〜植物工場による薬用植物育成の可能性〜
【ジギタリス】【シソ】

V.植物工場・LEDシステムによる薬用植物栽培の基礎知識

光を利用した植物体内成分(栄養分・機能性成分・薬効成分)調節技術の基礎知識〜

10月 6日(木)

1.植物工場システムおける環境制御のポイント
    〜光、温度・湿度、風、養分〜
13:00-14:15
 植物工場システムおける環境制御のポイント
   〜光、温度・湿度、風、養分〜
2.植物に必要とされる光環境と植物栽培用光源の基礎知識
    〜光波長、配光、光量による植物の生長の違い〜
14:15-15:30
※2-3連続
 植物に必要とされる光環境と植物栽培用光源の基礎知識
   〜光波長、配光、光量による植物の生長の違い〜

3.LEDによる薬用植物からの体内成分(栄養分・機能性物質・薬用成分)の調節技術
    〜光質が与える植物体内成分の影響〜

14:15-15:30
※2-3連続
 LEDによる薬用植物からの体内成分
 (栄養分・機能性物質・薬用成分)の調節技術
   〜光質が与える植物体内成分の影響〜
【赤色光、青色光:代謝エネルギー供給】
【赤色光、遠赤色光:発芽、節間伸長】
【青色光:伸長抑制、屈光性】

4.対象となる薬用植物・ハーブ類の、収穫量、生育条件に合った光調節技術
    〜光要求特性、光波長、品質について〜

15:30-16:30
※4-5連続
 対象となる薬用植物・ハーブ類の、収穫量、生育条件に合った光調節技術
   〜光要求特性、光波長、品質について〜
【光調節技術】

5.玉川大学大規模LED植物工場研究施設の特徴と研究展開

15:30-16:30
※4-5連続
 玉川大学大規模LED植物工場研究施設の特徴と研究展開
【事例】

お申込み、ご検討中の方へ


只今、情報を整理しております。
資料が必要な方は、こちらからお入り下さい。>郵送資料【無料】

※講義内容毎に、詳細プログラムをご郵送しておりますが、お手元にない場合にはこちらからお取り寄せ頂けます。
 
 
個人情報保護方針について お問い合わせ メガセミナー社について