薬用植物|セミナー,植物工場,機能性野菜,漢方薬,生薬,販路開拓,栽培技術,ファイトケミカル,市場動向

メガセミナー・サービス 技術・研究・設計・開発・メンテナンス・企画・調査等の担当者|市場動向・技術動向とビジネスチャンス
HOME よくある質問 受付ダイヤル:06-6363-3359
 
環境・新エネルギー セミナー>メガトレンドセミナー2012年2月 植物工場システムの栽培・生産技術 薬用植物・機能性食品ビジネスチャンスセミナー
 

  +画像をクリックすると拡大+

主催: (株)メガセミナー・サービス
共催: (株)エヌ・ティー・エス
(株)サイエンス&テクノロジー
植物工場ビジネス、技術セミナー
安定した収穫・品質が可能な植物工場において、ニーズが多い薬用植物(生薬)や機能性食品等の原料となる付加価値の高い植物の生産が活発になってきました。特に薬用植物(生薬)においては日本で使用される薬用植物(生薬)の約90%は海外から輸入されており、、原産地では、野生の薬用植物(生薬)が乱獲され、砂漠化等環境破壊が進んでいます。又、資源が枯渇し始め、中国など輸出制限を行う国も現れています。このような背景から、薬用植物(生薬)は日本でも自給率を高めることが求められ、収穫周期が短く、安定生産が可能な”植物工場システム”が注目されています。

本セミナーでは、1日目は、薬用植物・機能性食品ビジネスの新規参入における具体的戦略2日目には、薬用植物の栽培・生産技術と販路開拓戦略3日目には、機能性野菜の栽培・生産技術と販路開拓戦略4日目には、薬用植物・機能性野菜ビジネスの収支計算と事業採算性を約19時間に渡り、植物工場で新規参入する経営者様、事業採算が合うビジネスモデルを検討している担当者様へ、その選定と活用法を詳しく解説致します。※名刺交換も可能。


 ※単独の講座お申込みも受け付けておりますので、ぜひお問い合わせ下さい。
 ※先着順にての締め切りとなりますので、ご予約はお早めにお願い申し上げます。



講義内容に関する疑問、質問等がありましたら、お電話にてご連絡頂きますと、詳細内容の説明を致しますので、どうぞ遠慮なく、お問い合わせ下さい。
直通ダイヤル:06−6363−3359(代表:橋本)

 
プログラムの日程と、特徴について
安定した収穫・品質が可能な植物工場において、ニーズが多い薬用植物(生薬)や機能性食品等の原料となる付加価値の高い植物の生産が活発になってきました。特に薬用植物(生薬)においては日本で使用される薬用植物(生薬)の約90%は海外から輸入されており、、原産地では、野生の薬用植物(生薬)が乱獲され、砂漠化等環境破壊が進んでいます。又、資源が枯渇し始め、中国など輸出制限を行う国も現れています。このような背景から、薬用植物(生薬)は日本でも自給率を高めることが求められ、収穫周期が短く、安定生産が可能な”植物工場システム”が注目されています。

第一日目、「植物工場システムによる薬用植物・機能性食品ビジネスの新規参入における具体的戦略」では、植物工場システムによる薬用植物・機能性食品ビジネスを成功させる条件とは?また、安定して植物を生産し、確実に売るためにはどんな仕組み(システム)が必要なのか?植物工場における政府の取り組み(農林水産省の補助・支援制度)を始め、薬用植物・機能性食品の市場動向・ビジネスチャンスと、栽培・生産事業におけるビジネスモデルの構築、また、最大課題の販路開拓戦略に至るまで、斯界の第一線でご活躍中の今井・三輪両講師に豊富な事例を含め、詳説頂きます。

第二日目、「植物工場システムによる薬用植物の栽培・生産技術と販路開拓戦略」では、今、市場において、どんな薬用植物が求められているのか!?又、いかに植物工場に合った薬用植物を選び、どのように栽培・生産事業を進めればよいのか!?薬用植物の特性及び栽培・生産のポイントを始め、薬用植物事業におけるビジネスモデルの構築、又、最大課題の販路開拓の具体策に至るまで、斯界の第一線でご活躍中の講師陣に詳しく解説頂きます。

第三日目、「植物工場システムによる機能性野菜の栽培・生産技術と販路開拓戦略」では、消費者にどんな機能性野菜のニーズがあるのか!?又、収穫した機能性野菜の販路をどう確保するか?植物工場システムにおける機能性野菜の栽培・生産技術と最大課題の”販路開拓”に焦点を当て、その消費者ニーズを始め、光利用等による機能性成分の増加方法・安定収穫のポイント、また、販路開拓の具体的手順・実際例に至るまで、斯界の第一線でご活躍中の講師陣に詳しく解説頂きます。

第四日目、「植物工場システムによる薬用植物・機能性野菜ビジネスの収支計算と事業採算性」では、植物工場システムをどうすれば運営維持し、収益性を確保できるのか?又、その事業成立条件とは?新規事業としてこれから植物工場システムによる薬用植物・機能性野菜ビジネスへの参入を考えていらっしゃる方を対象に、低コスト植物工場システムの計画・設計及び収支計算の方法と、薬用植物・機能性野菜ビジネスの採算計画・事業成立条件を含めた事業採算性について、池田・藤本両講師にわかりやすく詳説頂きます。

異業種から参入する場合
における実践的な戦略を理解したいと考える方、今後の検討すべき技術課題の抽出を行いたい方には、欠かせない内容として全4日間,約19時間(参加講師13名)に渡り集中講義します。

 
2月:プログラムの開催日程
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20


T.植物工場システムによる薬用植物・機能性食品ビジネスの新規参入における具体的戦略

いかに消費者のニーズを捉え、販路を特定し、栽培植物を選べばよいか?〜

2月 21日(火)

1.植物工場における政府の取り組み
   〜植物工場の普及・拡大に向けた農林水産省の取り組み〜
13:30-14:30
 植物工場における政府の取り組み
  〜植物工場の普及・拡大に向けた農林水産省の取り組み〜
 【補助・支援制度】
2.植物工場システムによる薬用植物・機能性食品の市場動向とビジネスチャンス
   〜消費者ニーズから捉えた栽培植物の選定について〜
14:30-15:30
 植物工場システムによる薬用植物・機能性食品の
 市場動向とビジネスチャンス
  〜消費者ニーズから捉えた栽培植物の選定について〜
【漢方薬・消費者ニーズ】【機能性食品・消費者ニーズ】

3.植物工場システムによる薬用植物・機能性食品ビジネスの新規参入戦略

15:30-17:00
 植物工場システムによる薬用植物・機能性食品ビジネスの新規参入戦略
【ビジネスモデル】【販路開拓】

U.植物工場システムによる薬用植物の栽培・生産技術と販路開拓戦略

〜販路から逆算したビジネスモデルの構築!


2月 22日(水)

1.薬用植物の特性と栽培・生産技術
9:30-11:00
 薬用植物の特性と栽培・生産技術
局方】【栽培・生産手順】
2.植物工場システムによる薬用植物ビジネスの具体的戦略
   〜薬用植物栽培における問題点と
    将来性(販路から逆算したビジネスモデルの構築)〜
11:00-12:15
 植物工場システムを利用した薬用植物事業の具体的戦略 
【ファイトケミカル】【契約栽培】
13:15-14:30
 薬用植物の栽培事業の取り組み
  〜栽培・生産から販路開拓・地域振興ネットワークへの展開〜
 
【地域連携】【産学連携】
3.植物工場システムによる薬用植物の栽培・生産技術
14:30-16:00
 費用対効果で考える植物工場システムで栽培可能な
   薬用植物の選定と栽培・生産技術
【品種選定】【栽培・生産事例】
16:00-17:00
 植物工場システムによる薬用植物(機能性植物)の栽培・生産技術
  〜抗加齢および抗糖尿病効果を有する植物の栽培等〜
【薬効成分の増加】【栽培・生産事例】

V.植物工場システムによる機能性野菜の栽培・生産技術と販路開拓戦略

機能性野菜のニーズと、その作り方・売り方とは!?〜

2月 23日(木)

1.機能性野菜・高栄養野菜の評価と事業戦略
   〜安全、おいしさ、栄養素、機能性成分等野菜のニーズを中心に〜
9:30-11:00
 機能性野菜・高栄養野菜の評価と事業戦略
  〜安全、おいしさ、栄養素、機能性成分等野菜のニーズを中心に〜
 【消費者ニーズ】【機能性成分評価】
2.植物工場システムによる機能性野菜の栽培・生産技術と販路開拓戦略
11:00-12:30
 植物工場システムによる機能性新野菜ツブリナ(アイスプラント)の
 栽培・生産、販路開拓、機能性素材への戦略
  〜売れる野菜をいかに生産し、どのように販売すればよいか?〜
【アイスプラント】【販路開拓】
13:30-15:00
 植物工場システムにおける機能性野菜及び
 ハーブの栽培・生産と販路開拓戦略
  〜光調節による機能性成分の増加、販売チャネルの構築〜
【ミント】【スイートバジル】【販路開拓】
15:00-16:30
 植物工場システムによる遺伝子組換えトマトを利用した
 機能性成分(ミラクリン)の生産技術
  〜機能性成分(ミラクリン)と用途開発及び販路開拓〜
【ミラクリン】【販路開拓】


W.植物工場システムによる薬用植物・機能性野菜ビジネスの収支計算と事業採算性

これだけは押さえておきたい、コスト構成・採算計画・事業成立条件!!〜

2月 24日(金)

1.低コスト植物工場と収支計算
   〜イニシャルコスト、ランニングコストの低減と収支計算の方法〜
13:30-15:00
 低コスト植物工場と収支計算
  〜イニシャルコスト、ランニングコストの低減と収支計算の方法〜
 【収支計算(基礎知識)】【コスト低減】
2.植物工場システムによる薬用植物・機能性野菜ビジネスの事業採算性
15:00-16:30
 植物工場システムによる薬用植物・機能性野菜ビジネスの事業採算性
【薬用植物(漢方)ビジネス】【機能性野菜ビジネス】
【メディカルハーブビジネス】

お申込み、ご検討中の方へ


只今、情報を整理しております。
資料が必要な方は、こちらからお入り下さい。>郵送資料【無料】

※講義内容毎に、詳細プログラムをご郵送しておりますが、お手元にない場合にはこちらからお取り寄せ頂けます。
 
 
個人情報保護方針について お問い合わせ メガセミナー社について