スマートグリッド|セミナー,分散型電源,,安全設計,特性,最新動向,蓄電システム,大型リチウムイオン電池,スマートメーター,課題,最新動向,市場動向

 
メガセミナー・サービス 技術・研究・設計・開発・メンテナンス・企画・調査等の担当者|市場動向・技術動向とビジネスチャンス
HOME よくある質問 受付ダイヤル:06-6363-3359
 
環境・新エネルギー セミナー>メガトレンドセミナー2009年10月 スマートグリッド 大型リチウムイオン電池 最新動向とビジネスチャンス
 



主催: (株)メガセミナー・サービス
共催: (株)エヌ・ティー・エス
(株)サイエンス&テクノロジー
水処理ビジネス、技術セミナー
スマートグリッド・大型リチウムイオン電池とも、再生可能エネルギーや電気自動車(EV)との関係が深く、日本企業の強みとなる技術力を生かすことが出来、このチャンスをものにするためには、早めの情報は欠かせません。
今回のメガトレンドセミナーでは、5日間に渡り、スマートグリッドと大型リチウムイオン電池について、その全貌と戦略を詳しく解説致します。※名刺交換も可能。


 ※単独の講座お申込みも受け付けておりますので、ぜひお問い合わせ下さい。
 ※先着順にての締め切りとなりますので、ご予約はお早めにお願い申し上げます。



講義内容に関する疑問、質問等がありましたら、お電話にてご連絡頂きますと、詳細内容の説明を致しますので、どうぞ遠慮なく、お問い合わせ下さい。
直通ダイヤル:06−6363−3359(代表:橋本)

 
プログラムの日程と、特徴について

スマートグリッド・大型リチウムイオン電池とも、再生可能エネルギーや電気自動車(EV)との関係が深く、日本企業の強みとなる技術力を生かすことが出来、このチャンスをものにするためには、見落とされているファクターを発見するための、早めの情報は欠かせません。

第一日目では、スマートグリッドに対する政策動向、スマートグリッド導入に伴う社会インフラへの影響と大型リチウムイオン電池における関連ビジネスに至るまで、現時点での市場・技術動向が把握できる構成となっています。第二日目、三日目では蓄電システム(NAS電池、ニッケル水素電池)と再生可能エネルギー分散型電源(太陽光,風力,他)そして、新たな展開が注目される次世代省エネ住宅・ビル,電気自動車,スマートメーター等に焦点を当て、市場・開発動向まで把握できる内容で構成しています。第四日目は、大型リチウムイオン電池,その関連商品,構成材料の3つのカテゴリーを価格動向など市場動向を中心にビジネスチャンスを探ります。第五日目では、開発における最重要課題ともいえる、安全設計・安全技術をビジネスチャンスという視点から、「車載用(EV,HEV,PHEV)」「電力貯蔵用(蓄電・再生エネルギー補助電源)」「構成材料(正極材,負極材,電解液,セパレータ)」の開発動向と展望について、斯界の第一線でご活躍中の講師陣に詳しく説明頂きます。新規事業で系統だった知識が早急に必要な方、今後の検討すべき技術課題の抽出を行いたい方には、欠かせない内容として全5日間,約36時間(参加講師26名)に渡り集中講義します。


 
10月:プログラムの開催日程
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25

A−T.スマートグリッド・リチウムイオン電池の最新動向とビジネスチャンス
〜分散型電源,蓄電システム,EV自動車,次世代省エネ住宅・ビル〜

10月 26日(月)
1.スマートグリッドの最新動向と今後の見通し
13:30-15:00

 グリーンニューディール政策とスマートグリッドの最新動向
  ・海外におけるスマートグリッドの可能性
   (アメリカ、EU、中国、他の政策動向・民間企業の動向

  ・日本におけるスマートグリッドの最新動向

1.スマートグリッドによる社会インフラとこれからのビジネスチャンス
14:00-15:30

 スマートグリッドによる社会インフラとこれからのビジネスチャンス
  ・再生可能エネルギー,省エネ建築物,電気自動車,燃料電池車
  ・ニッケル水素電池,鉛蓄電池,キャパシタ,その他
  ・太陽エネルギー風力,バイオマス,マイクロ水力,その他


 スマートグリッド大型リチウムイオン電池のビジネスチャンス
  ・EVHEVPHEV
  ・電力貯蔵システムの可能性とビジネスチャンス

1.スマートグリッド再生可能エネルギー蓄電システムのビジネスチャンス
9:30-11:00
 スマートグリッド再生可能エネルギー
   蓄電システムのビジネスチャンス
2.蓄電システムスマートグリッドへの取り組み
11:00-12:00
 NAS電池の運用とスマートグリットへの適用可能性
13:00-14:15
 大容量 ニッケル水素電池スマートグリッドへの取り組み
3.分散型電源スマートグリッドへの取り組み
14:15-15:30
 風力発電 システムのスマートグリッドへの取り組み
15:30-16:45
 太陽光発電 システムのスマートグリットへの取り組み
1.スマートグリッド省エネ住宅電気自動車 ( EV ) への応用展開
9:30-10:00
 スマートグリット省エネ住宅電気自動車への応用展開
2.スマートグリッドの次世代省エネ住宅電気自動車 ( EV ) への取り組み
10:00-11:00
 スマートグリッド次世代省エネ住宅・ビルへの取り組み
    〜 予測される課題展望
11:00-12:00
 スマートグリッド・シティの形成と電気自動車 ( EV ) 普及戦略への
   取り組み
3.スマートグリッドによる社会システム・イノベーションと
  二次電池 ( リチウムイオン電池 ) への応用展開
      〜 沖縄にみるスーパースマートグリッド ・実証実験 〜
13:00-14:15
 スマートグリッドによる社会システム・イノベーションと
  二次電池 ( リチウムイオン電池 )への応用展開
  〜 沖縄にみるスーパースマートグリッド ・実証実験 〜
4.スマートメーター市場動向海外事例
14:15-15:30
 スマートメーター市場動向とビジネスチャンス
15:30-16:45
 スマートメーター開発海外における適用事例
1.大型リチウムイオン電池 及び関連商品の市場動向とビジネスチャンス
10:00-12:30

 1)二次電池市場動向大型リチウムイオン電池 市場の見通し
 2)大型リチウムイオン電池における関連商品の市場動向
    今後の見通し

 3)大型リチウムイオン電池 及び関連商品のビジネスチャンス

2.大型リチウムイオン電池 構成材料市場動向とビジネスチャンス
13:30-16:30

 1)リチウムイオン電池の構造と特性,ニッケル水素電池との比較
 2)大型リチウムイオン電池の用途別特性と実用化までのステップ
 3)大型リチウムイオン電池 構成材料の特性と市場動向
 4)大型リチウムイオン電池 構成材料市場予測
 5)大型リチウムイオン電池 構成材料のビジネスチャンスと
    市場参入のポイント

9:30-10:45
 1.車載用 リチウムイオン電池開発動向展望
10:45-12:00
 2.電力貯蔵用 リチウムイオン電池開発動向展望
13:30-14:30
 3.大型リチウムイオン電池 構成材料開発動向展望
14:30-15:45
 4.大型リチウムイオン電池電池パック
        バッテリーマネジメント技術と展望
15:45-17:00
 5.大型リチウムイオン電池安全技術安全設計のポイント
※講義内容毎に、詳細プログラムをご郵送しておりますが、お手元にない場合にはこちらからお取り寄せ頂けます。
 
 
個人情報保護方針について お問い合わせ メガセミナー社について